モビットの審査について。モビットでお金を借りる場合、在籍確認の電話連絡はありますか?

MENU

横浜銀行カードローンの在籍確認の方法は?

 

横浜銀行カードローンはその名の通り、神奈川県の横浜市を本拠としている銀行です。

 

そのため、関東地方では知名度も高く、利用を検討なさっている方も多いかもしれません。

 

そんな横浜銀行カードローンへの申し込みを躊躇しているとしたら、それは審査の在籍確認に不安をお持ちだからではないでしょうか。

 

横浜銀行カードローンの審査で行われる在籍確認は皆様の職場に電話連絡をして行っております。

 

やはり、自分の勤務先に銀行のカードローンサービスに関連する電話連絡が入るのは避けたいという方が多いのではないでしょうか。

 

そうやって電話連絡に躊躇しているということでしたら、ぜひ消費者金融SMBCモビットへの申し込みを検討することをお勧めします。

 

なぜ消費者金融SMBCモビットがオススメかと言いますと、SMBCモビットはWEB完結申込みという方法で申し込みますと、審査の際に一切電話連絡を行わないのです。

 

 

SMBCモビットのWEB完結申込みでは皆様の在籍確認を3種類の書類確認で行うため、電話連絡などが行われません。

 

SMBCモビットの在籍確認で必要になる書類は下記の3種類となりますので、準備することをお勧めします。

 

本人確認書類

 

運転免許証、保険証、パスポートなどが該当します。所謂、身分証明書のような書類ですね。

 

日常的に使う書類のうち1種類の提出だけで結構ですので、本人確認書類の準備をしておきましょう。

 

なお、この本人確認書類については他のキャッシング会社でも必要なので、ぜひご準備ください。

 

収入証明書類

 

給与明細書、源泉徴収票、確定申告書など、皆様の収入を証明する書類が「収入証明書類」です。

 

給与明細書でしたら毎月発行されておりますので、ぜひ収入証明書類として保管しておきましょう。

 

勤務先を確認できる書類

 

勤務先の情報が記載されている給与明細書や健康保険証(会社名義)などが該当します。

 

こうした勤務先を確認できる書類を提出することで、在籍確認を行えるようにしているのでしょう。

 

 

SMBCモビットは以上の3種類の書類をWEB完結申込みで提出しますと、その書類を用いて在籍確認を行います。

 

そのため、SMBCモビットからは一切電話連絡が入ることなく、在籍確認が完了となるため、会社側に電話連絡が入ることを気にする必要はありません。

 

以上のように、SMBCモビットは在籍確認を書類確認で行うため、他の銀行・消費者金融の電話連絡が不安な方が申し込む傾向が強くなっております。

 

SMBCモビットのWEB完結申込みは在籍確認を書類確認に切り替えてもらえるだけでなく、申し込み手続き自体もとても簡単なため、申し込みやすくなっているのです。

 

また、書類確認による在籍確認は全く時間がかからないため、審査時間も最短30分まで短くなります。

 

審査時間が短ければ即日融資もしやすくなりますので、横浜銀行カードローンの申し込みを躊躇している方は、ぜひSMBCモビットの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

在籍確認の電話で会社バレはあるの?

 

さて、横浜銀行カードローンの在籍確認が電話連絡で行われるということで申し込みを躊躇する理由としては「会社にローン利用がバレてしまう」という不安からではないでしょうか。

 

やはり、自分がローンを利用してお金を借りていることは会社の人々には内緒にしておきたいという方が多いのではないでしょうか。

 

お金に関するデリケートな話題ですから、会社の人々に隠しておきたいと考えるのも無理からぬことです。

 

そういった方にとって、電話連絡による在籍確認が行われれば、お金を借りる前からキャッシング利用がバレるんじゃないか、と不安になられているのでしょう。

 

確かに、電話連絡による在籍確認ですから、キャッシング利用がバレないという保証はどこにもありません。

 

ですが、同じ電話連絡による在籍確認を行っている金融機関でも、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでしたら会社バレすることなくお金が借りられます。

 

最短1時間で借りられて、さらに会社バレも防げるというプロミスの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

プロミスの詳細はこちら

 

プロミスも基本的には皆様がお勤めの会社に電話連絡をして在籍確認を行っているので、一見すると会社バレしてしまいそうです。

 

ですが、プロミスはその電話連絡の中で「社名」や「サービス名」などは一切公表しません。

 

プロミスの担当者の個人名のみが使われる、仕事関連のような電話連絡をしてくれるので、プロミスからの電話と気付かれることもないのです。

 

例:「A(担当者の個人名)と申しますが、◯◯さんはいらっしゃいますか?」

 

だいたい、こういった形の、とても簡単でシンプルな電話内容となります。

 

この電話内容からまさか「プロミスからの在籍確認の電話連絡?」と疑えるような人はいらっしゃらないでしょう。

 

このような内容で在籍確認を行ってくれますので、プロミスの電話連絡からキャッシング利用がバレることがないので、ご安心ください。

 

プロミスは在籍確認で会社バレもしませんし、最短1時間でキャッシングが利用できます。

 

さらに30日間の無利息キャッシングサービスがあるなど、サービス性に特筆すべき強みを持つキャッシングサービスですので、ぜひご利用をご検討ください。

 

プロミスの詳細はこちら

 

どうしても在籍確認の電話連絡を避けなければならない事情がある場合は、プロミス側に相談しますと在籍確認を書類確認に切り替えてくれる可能性があります。

 

もちろん確実ではないのですが、プロミス側が事情を認めてくれれば書類確認になる可能性があるということは覚えておいてください。

 

また、消費者金融SMBCモビットでしたら確実に書類確認による在籍確認なるということも再度確認しておきましょう。

 

やはり、「在籍確認で会社バレせずにお金を借りたい」という要望に対して、最も強みを持つのはWEB完結申込みがある消費者金融SMBCモビットといえます。

 

ですが、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスもキャッシング利用がバレませんし、SMBCモビットより金利が低いですし、さらに無利息キャッシングサービスもあるのです。

 

そのため、プロミスの利用もオススメですので、SMBCモビットと併せてご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

プロミスの詳細はこちら