モビットの審査について。モビットでお金を借りる場合、在籍確認の電話連絡はありますか?

MENU

横浜銀行カードローンの審査基準が甘い、緩いというのは本当でしょうか?無職(ニート)、生活保護・年金受給者でも借りられる?

 

神奈川県横浜市に本拠を構える横浜銀行カードローンは関東地方では有名な銀行ですので、名前を知っている方は多いのではないでしょうか。

 

しかしながら、有名なだけあってデタラメな口コミも多くみられますので、注意が必要です。

 

特に「横浜銀行カードローンの審査基準は甘いから誰でも利用出来る」なんていう口コミはデタラメですので信じないようにしましょう。

 

横浜銀行カードローンの審査基準はむしろ厳しく、無職(ニート)、生活保護・年金受給者の方は審査に落とされてしまうことが多いです。

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでしたら審査対策をきちんと行えば、現時点では審査に通過できなくても、すぐに審査に通過することも可能となります。

 

下記ではプロミスの審査に無職(ニート)、生活保護・年金受給者の方が通過するための対策法について解説しますので、ぜひご参考にしてください。

 

プロミスの詳細はこちら

 

さて、無職(ニート)、生活保護・年金受給者の方も、無条件でプロミスの審査に通過できるというわけではないので、対策をする必要はあります。

 

プロミスは利用条件として「20歳~69歳で安定した収入を得ている」という条件を提示しています。

 

つまるところ、審査ではこの利用条件が満たせているかという点が確認されているのですから、この利用条件を満たすことがそのまま審査対策となります。

 

無職(ニート)というと、無収入の方が多いと思われますが、無収入では審査に通過できません。

 

また、生活保護・年金の受給だけですとキャッシング会社が定義する「収入」とはなりませんので、生活保護・年金の受給だけでは審査に通過できないのです。

 

ですが、アルバイトなどをして収入を安定させていればプロミスの審査に問題なく通過できます。

 

つまり、無職(ニート)や生活保護・年金受給者の方もアルバイトなどを始めて収入を安定させればプロミスが利用可能となるのです。

 

アルバイトを始めてすぐには審査に通過しないことが多いので、2ヶ月以上経ったタイミングで申し込んでみましょう。

 

プロミスは給与明細書を提出すれば電話連絡ではなく、その書類の確認で在籍確認を完了させてくれますので、職場の人々にキャッシング利用がバレることもありません。

 

審査基準が甘い・緩いというわけではありませんが、無職(ニート)、生活保護・年金受給者の方もアルバイトなどを始めれば審査に通過できますので、ぜひお申し込みをご検討ください。

 

プロミスの詳細はこちら

 

 

返済を延滞して金融ブラックとなってしまったのですが、お金を借りることはできないんでしょうか?

 

デタラメな口コミがある横浜銀行カードローンの口コミですが「ブラックでも利用できる」という口コミは流石に笑止千万です。

 

キャッシングの返済を延滞し続けますと、「延滞ブラックである」という情報が信用情報機関に履歴として残り、新規のキャッシング審査に通過できなくなってしまします。

 

もちろん、横浜銀行カードローンも審査に通過することができなくなりますので、ご注意ください。

 

ただ、延滞したというブラック情報は5年経つと削除されますので、5年経った頃に再度キャッシングの利用を検討してみてください。

 

プロミスの詳細はこちら