モビットの審査について。モビットでお金を借りる場合、在籍確認の電話連絡はありますか?

MENU

30日間の無利息キャッシングが魅力的なプロミス!

プロミスの詳細はこちら

 

他の人にバレない!消費者金融SMBCモビット!

 

低金利でお得尚且つ便利!三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』

バンクイックの詳細はこちら

 

 

ご自身の車を持ちたい…、そういった時には自動車ローンの利用を検討なさる方もいらっしゃるでしょう。

 

自動車ローンというとディーラーが提供しているサービスの利用を利用する方が多いのですが、安易に選ぶのはお勧めできません。

 

ディーラーの提供する自動車ローンの金利などをしっかりと確認し、自分の意志で自動車ローンを選びましょう。

 

ただ、いきなりローンサービスを自分の意志で選べと言われても困るかと思われます。

 

そんな時は金利の相場を把握しておくと、自動車ローンを選びやすくなることでしょう。

 

こちらでは皆様が気になる自動車ローンの金利の相場について解説しますので、ぜひご参考にしてください。

 

自動車ローンの金利の相場

 

さて、皆様は自動車ローンには二種類の金利型があるのをご存知でしょうか。

 

金利などが変動する「変動金利型」と金利が固定されている「固定金利型」の二種類となります。

 

それぞれの金利型における自動車ローンの金利相場は下記のようになります。

 

◯変動金利型 自動車ローンの金利相場
銀行系→1.6%~4.8%
信用金庫系→1.2%~4.8%
労働金庫系→0.8%~2.7%
信用組合系→1.5%~3.7%

 

◯固定金利型 自動車ローンの金利相場
銀行系→2.1%~4.5%
消費者金融系→4.7%~18.0%
信販会社系→2.7%~14.4%
信用金庫系→1.3%~5.9%
労働金庫系→0.8%~4.3%
信用組合系→1.5%~4.4%

 

以上が大体の相場となります。

 

実際にローンを選ぶ際には0.1%の差でも支払う金利額が大幅に異なるので、注意して選んでいただきたいところです。

 

ですが、何もこの金利相場を全部暗記しろとは言いません。

 

あくまで相場であり、目安です。例えば「労働金庫は割と自動車ローンの金利相場が低めなんだなぁ」くらいの理解で構いません。

 

自動車ローンを選ぶ際に参考にはなるかと思われますが、実際に選ぶ際には自動車ローンの金利相場だけでなく、実際の契約内容などをしっかり確認しましょう。

 

 

金利が低い=お得とは限らない

 

さて、上記では自動車ローンの金利相場について説明しましたが参考になりましたでしょうか?

 

ただ、せっかく紹介しておいてなんですが「金利が低い」ということはそのまま「お得」とは限らないという点は皆様にも把握しておいていただきたいところです。

 

金利が低ければ支払う金利額は安くはなりますが、状況が変わる可能性だってあります。

 

例えば変動金利型で低金利で借りれたと思った途端、金利変動があって割高になってしまうことだってありえるのです。

 

また、自動車ローンの金利が低い場合、総じて審査などがかなり厳しくなっており、時間がかかることが多くなります。

 

特に、信用金庫・労働金庫系のローンサービスは審査時間が長くなりがちで、お金が早急に必要というときには不便に感じることも多いでしょう。

 

自動車ローンの金利相場が低くても、結局割高になってしまったり、利便性に欠けたりと良いことばかりではないという点は皆様も把握しておいてください。

 

 

金利以外のサービスにも注目すべき

 

また、ローンサービスを利用したいときには金利以外のサービスにも注目しておいていただきたいです。

 

例えば、消費者金融系であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは人気があるローンサービスを提供しております。

 

プロミスの金利は消費者金融系の中では低いものの、自動車ローンの金利相場においては高い数値です。

 

ですが、プロミスには30日間の無利息キャッシングサービスという、他には中々見られないサービスがあります。

 

30日間の無利息キャッシングをスケジュールに組み込んで、早めにお金を返済してしまえば他のローンサービスよりお得に利用できることも多いのです。

 

また、時間がかかりがちな自動車ローンサービスと異なり、プロミスのカードローンは最短30分で審査が完了し、審査に通過できれば最短1時間で借り入れが可能となります。

 

以上のように、プロミスには金利の数値を見ただけではわからないサービスが詰まっているので、金利だけで判断せずに、サービスの詳細まで確認することがオススメです。

 

プロミスのカードローンで借りたお金の用途は基本的には自由です(事業性資金としての利用は不可)。

 

中古車の購入や車検費用、ガレージの修理代などでしたらプロミスの利用の方が適していることが多いので、ぜひプロミスの利用もご検討ください。

 

プロミスの詳細はこちら